子供の熱中症対策!buddybuddyブランドの【どうぶつcocogel】を試してみた結果!

どうぶつcocogelを購入した理由

子供の熱中症対策に購入しました。

子供がもうすぐ2歳になる夏、歩くのも上手になり、

外食中も以前より手がかからなくなって、

外出も気兼ねなくできるようになってきていました。

家に居るだけではなかなか体力も発散できないので、

できるだけ外出したいのですが、熱中症が心配で外出が億劫でした。

そのため、夏でも暑さを気にせずお出かけできるようなグッズで、

臨機応変に使える商品を探していました。

その時に持ち運びに便利で、紐付きのかわいい保冷ケースを見つけ、

価格もかなり手頃だったので、試しに購入することにしました。

どうぶつcocogelを使ってみた感想

かわいいしろくまの保冷ケースは、子供も気に入ってくれたようで、

喜んで外出時に身につけてくれました。(ペンギンもあります。)

保冷剤の重みを感じて嫌がらないかなと心配していましたが、

外出時は終始喜んでつけてくれていたので、重さなども問題なさそうです。

手のひらサイズの保冷剤が入るだけのサイズの大きさと薄さ程度なので、

室内に入るとき、一度保冷ケースをカバンにしまうようなときも特にかさばりませんでした。

臨機応変に使えるので、外出時には常に持参していて、とても重宝しています。

どうぶつcocogelの特徴、このような人におすすめ

かわいい保冷ケースに紐がついています。

紐は使い方次第で、リュックになったり、ベビーカーの背もたれに置いたり、

抱っこ紐の時にも使えます。

リュックにして背負わせると見た目がかわいい上に、

背中をしっかり冷やしてくれるので、暑い日のお出かけも安心です。

保冷ケースにちょうど入る大きさの保冷剤も一個、一緒に同封されています。

また手洗いができるので、汚れても安心です。

子供は暑い季節、地上から近い分、大人よりも非常に暑さを感じます。

まだ体調の異常を伝えられない年齢の子供だと、

熱中症など外出時の体調不良がとても心配です。

特に小さな子供にはオススメの商品だと思います。

こちらの商品なら、背中や首を冷やしながら外出できるので、

熱中症対策のひとつにちょうどよいと思います。

保冷剤がひとつしか同封されていないので、

もうひとつ同じようなサイズの保冷剤を確保しておくと、

急な外出にも慌てなくてよいかと思います。

リュックになるように紐を固定してもどうしてもお散歩中に紐がずり落ちてしまうことが

何度もありましたので、紐の固定の仕方には工夫が必要かと思います。

大人の手のひら程度の保冷剤なので、長時間のお出かけまで保冷が持続しません。

日頃のお散歩、お買い物など、午前中のお出かけの行き帰り程度なら十分かと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする