ウイルス性イボ治療その4 ~完治までの奮闘記~

イボ治療奮闘記その1 ~プールでの事件編~

イボ治療奮闘記その2 ~治療開始編~

イボ治療奮闘記その3 ~通院編~

やっぱり治らないウイルス性のイボ。

病院へ通院しての治療を諦めたのは2017年の8月頃、

複数個所を液体窒素で焼く治療はやっぱり痛いです・・・。

痛いのになかなか治らない、良いお医者様にも巡り合えず、

病院へ半年間、1週間から2週間に1回は通い続けましたが、

結局ウイルス性のイボは直らず仕舞い。

これからは民間療法で完治を目指すと誓いました。

ただ、すぐに民間療法を試すより、お医者様の力で直してもらうのがオススメです。

なぜって?これがウイルス性のイボかどうかも分からないから。

勝手な判断して実は皮膚がんとか、そんな怖い病気だったら命取りですよ。

冗談抜きで・・・。(まぁ通ったお医者様、全員ちゃんと診察してくれませんでしたけどね。)

そんなわけで、民間療法を調べましたが、色々ありますね。

木酢液、ダクトテープ、ヨクイニンの摂取、イソジン軟膏、

お線香等で焼く、切除する、市販のイボ治療薬などなど。

色々なパターンを自分に照らし合わせてみます。

お線香等で焼く。

液体窒素の治療で火傷関係はもう嫌です。

却下。

イソジン軟膏。

べたべたしたものを塗るのは苦手です。

却下。

切除する。

過去に何度もやって悪化してます。

却下。

ヨクイニンの摂取。

すっかり忘れてました。

ヨクイニン錠剤を病院で処方してもらってました。

高い割に効果の実感無し。

ただ、ハト麦にもヨクイニン成分があるとのこと、

仕事で飲むお茶に使ったら地味に効果あるかも・・・?

そう思い立ったのでハト麦茶を治療の隠し味として採用。

ダクトテープ。

足の裏だけなら試す価値ありでしたが、

手のひら、ツメとの間にもできてしまっていて目立つ。

保留。

市販のイボ治療薬。

ネットではあまり効果がないとか、

ウイルス性には逆効果とか見かけました。

却下。

木酢液。

殺菌性が強い液体、皮膚の色素沈着が起こるかも、

そんな怖いことも書いてある液体で却下しようと思っていましたが、

調べていると木酢液クリアという製品があることが分かりました。

発がん性検査済みらしく安全性を強調している製品。

購入者の評価も良い悪いあるけど試してみる価値はあると判断しました。

採用。

早速、Amazonでお試し品を注文。

届くまで使い方を調べてみると、使い方も人によって様々、

塗るだけの人、ガーゼ等に湿らせて固定する人、患部を削ってから試す人、

30分程度から一晩ずっと付けておく人。

こればかりは自分自身で良い方法を見つけるしかありません。

効果がないって諦めた人は良い方法が見つけられなかった人だと思っています。

届いた商品をあけてみるとウイルス性のイボに効果があった!

といった記事の載った紙、使い方の方法を記した紙まであり、親切です。

ふむふむ・・・と軽く読んで、さっそく実験開始です。

第1期

お試し品に付けられるロールオン容器を使用。

ウイルス性のイボに直接塗ります。

すっぱいニオイが確かに強いですが、慣れます。

家族から臭いって言われても我慢です・・・。

乾いたら追加で塗ることを数回繰り返します。

30分ぐらい手を洗わずに放置。

これを2週間ほど試しましたが、特に変化なし。

第2期

患部を切除してから木酢液を塗る。

結局、切除するのかい!って突っ込みは無しの方向でお願いします。

これも2週間ほど試しましたが、特に変化なし。

むしろ削ったのに悪化しない!?

効果あるのかもしれないと思い始めます。

第3期

ガーゼのようなものに木酢液を浸透させてテープで固定する。

ガーゼとか医療用のテープって高い・・・。

早く治したいけど、お金もそんなにかけたくない。

そんなケチ人間なので、100均の水気を通しにくい固定用のテープを購入。

あとは全てのご家庭にあるであろう、ただのティッシュペーパーを用意。

ティッシュペーパーを適当な大きさにカット、

厚みが1mm弱になるように折ってまとめる。

それに木酢液を多めに浸透させ、患部に乗せてテープで固定する。

この状態で30分から1時間放置する。

私はこの時間に犬の散歩に行ってます。

患部のことを忘れられるのでちょうど良いです。

剥がしたときに患部が白くふやけてればいい感じ。

まれに痛みが出ることがありますが、次の日使わないとか、

濃度を薄くするなどで調整してみてください。

私は痛みが月1回あるかどうかだったので、気にせず使い続けました。

これを試し始めてから、1週間程度で大きな変化が現れます。

切除してもすごい勢いで復活するウイルス性のイボが元気なくなりました。

完全にやっつけることはできないみたいですが、効果はあるみたいです。

殺菌力でウイルスの活動が弱くなるのか、

それとも皮膚組織がウイルスの居心地が悪いものに変化するのか、

そんなことはウイルスにしか分かりませんが、続けてみる価値がありそうです。

効果のほどはまた次回。

>>>木酢液クリア100ml + ロールオン容器 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする